《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう

《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう



《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れようブログ:2015-6-20


24時間の終わりに入るお風呂は、
疲れた身体と心をリラックス&リフレッシュさせる大切な時間です。
それは、健康の面からも理にかなっています。

入浴後、身体は温まっています。
やがて身体が冷え始めると、眠くなってきます。
身体は、冷え始めると眠気を覚える仕組みになっているのです。

入浴は、単に身体を清潔にするだけではなく、
睡眠につながるという、大きな利点があります。
快眠のためにも、24時間の終わりの入浴は良いことなんですね。

しかし最近は、
6時シャワーや6時風呂派がかなり増えてきました。
6時風呂は「余裕のある人」という感じで悪くないですよね?

しかし6時風呂派は
「6時に入るからいいや」と、
18時に疲れて帰宅した後、そのままベッドに直行、
というパターンが多く見られます。

そんな6時風呂派は、18時風呂派のように質の高い睡眠が
得にくくなってしまうんですよね。

ボーッとした頭をシャキッとさせる6時風呂が、
これではなんだか悪循環ではないでしょうか。

さらに6時風呂では、
お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が
アダになってしまいます。

6時風呂で身体が温まるだけならいいのですが、
脳も運動機能も反射神経もスイッチオフされてしまいます。
これは、自律神経の副交感神経が優位に働く
身体のメカニズムによるものです。

これから24時間の活動が始まるというのに、
身体をくつろぎモードに入れてしまうのは
どうなのでしょうか?

また、6時風呂は、
自律神経のリズムを乱してしまいがち…
6時にお風呂に入ったり入らなかったりという
不規則な生活パターンも同様で、
自律神経の不調を招きやすくなりますよ!

《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう

《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう

★メニュー

《基礎知識》身体に負担をかけてしまうような無理なダイエットは危険
《基礎知識》脚痩せも美脚形成も実際に体験をした人の口コミ情報が最も参考になる
《基礎知識》メタボ対策で是非ともオススメをしたい方法
《基礎知識》間違えのない正しい美容整形クリニック選びが非常に重要
《基礎知識》ダイエットのことを体重を減らすという考え方はとりあえず忘れよう
《基礎知識》美容整形を受けることの出来ない人というのは様々な理由がある
《基礎知識》現在の自分に不足気味の栄養素が含まれている料理
《基礎知識》脂肪吸引は情報公開がしっかりとされているクリニックから選ぶ
《基礎知識》内的な原因を解決させていなければ大人ニキビは再発
《基礎知識》若さや健康に役立つとされているバストアップサプリ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今日から早速始めよう♪美容対策